高松へ行ってきた。


瀬戸大橋がなかった頃、国鉄の宇野駅と高松駅をつなぐ宇高連絡船というのがあったのは、中高年にはなつかしい思い出だ。連絡船から高松駅に降り立つと「帰ってきた~!」とほっとしたものだった。そこからまだ3時間くらい汽車に乗るんだけど(笑)。
記憶では船から下りるとすぐに駅だったような気がするけど、今回サンポートまで歩いてみると5分から10分くらいの距離がある。駅舎を移設したのかな。それとも埋め立てたのかな。
サンポートは4番乗り場まであって、別のところにジャンボフェリーの乗り場もあるらしい。

高松までJRで行くなら乗り換えが必要になったので、直通で行けるバスの方が便利かもしれないが、私は乗り物では鉄道が一番好きなのだ。ところが、岡山に行ったときもそうだったけれど、車内放送の音が大きすぎる。放送のたびに飛び上がるほどなので、うたた寝も出来ない。(うたたねして乗り過ごす人の希望で大きくしているのだろうか?耳の遠い人のためかもしれないし。)これからはバスにしようかなぁ。

リニア新幹線ができたら、今の新幹線はどうなるのだろう?取っ払うの?2本立て?リニアは無駄のような気がするけどなぁ。同じ無駄なら、今の鉄道を一筆書きが出来るような形につなげてほしい。一筆書きで日本一周とか、四国一周とか楽しいと思うけどなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。