GO、GOマンゴー、西島園芸団地

ブーゲンビリア
西島園芸団地へ行ってきた。7月1日から20日までマンゴーまつり開催中で、普段は1080円のハーフマンゴーが780円。マンゴーなんて初めていただいた。マンゴープリンが好物の母も本物は初めて。美味しかった(^_^)。味が複雑だ。細かい目の網が幾重にもなっていて、それぞれの網の味が異なる。重なりの奥の方は何かの味に似ているんだけど・・・・。何だろう。こんなに味わっていただくのは高価な果物だからだろうなぁ。普段食べているものも本当は網の重なりがあるのかもしれない。

マンゴー
皮だけになったハーフマンゴー。後味の後味(かなり時間が経ってからの味)はスイカに似ていた。
マンゴーの他にもトマトカレーとかアイスクリームとかジュースなどのメニューがあるようだ。車いすOKなトイレもあるし、近くならいいのになぁ。

西島園芸団地公式サイト

<追記>
帰宅してアーサー・ビナード編の「もしも、詩があったら」(光文社新書)にあったマンゴーの詩を読み返した。南米のガイアナ出身の詩人ジョン・アガード作の「イギリスから来た彼女がはじめてマンゴーを食べる(一種の恋歌)」という6ページ半に渡るほのかに色っぽい詩だ。その中に次の一節があって私は叫んだ(心の中で)。

念のため、ぼくはいっておく。
「これはリンゴの芯なんかとは
わけが違う。種のまわりが
いちばん甘いから、その汁を
しゃぶり忘れたら、損だよ。
心の中にまでしみてくるから」

えーっ!!!種、なかったやん!
種、どこ行ったー!?タネタネタネ!
お皿に載ったハーフマンゴーは、見栄えがするようにカットされ、皮が下になるようにでんぐり返されていたのだった。もし、またマンゴーまつりに行くとしたら、半分に切っただけで出してほしいと言ってみようか。しかし、どんな種なんだろう?リンゴのように種も半々になってくれるだろうか?そういう疑問には検索だ(笑)。グーグルの画像集も参考になったけれど、次のページが面白かった。

種から始めるマンゴー栽培

「GO、GOマンゴー、西島園芸団地」への2件のフィードバック

  1. お茶屋さんこんにちは。

    西島園芸団地、一度も行ったことないのですがマンゴー祭りなんてやってるんですね。
    私も自分がマンゴーアレルギーだということに気づくまでは、好きでよく食べていました。

    紹介されている詩の通り、種の周り甘いです。マンゴーを食べるときは必ずしゃぶってました。
    そういえば写真のハーフマンゴー、正確には2/5マンゴーですね。
    客に出さない1/5はどこへ行ってしまったんでしょう。

  2. 四ツ谷さん、ようこそいらっしゃいませ。
    マンゴーアレルギーですか!(残念)
    でも、種をしゃぶったことがあるのは、よかったですね。私は梅干しの種しかしゃぶったことがありません。

    >客に出さない1/5はどこへ行ってしまったんでしょう。

    1/5は調理した人がパクッと(^o^)。
    ぜひ、そうしてほしいですね。捨てるのなんてマンゴーが浮かばれないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。