シクラメンの植え替え


シクラメンは、日光が大好き。でも、暑いのは苦手。
シクラメンは、お水も大好き。でも、蒸せるのは苦手。
原産地が地中海とか中東なのだそうで、蒸し暑い日本の夏は向いてない。

2014年に買った鉢は、翌年の夏をなんとか越して、7枚の葉っぱ(七人の侍と呼んでいた。)が残り、十くらい花が咲き、花が終わる頃には、四銃士、三銃士、子連れ狼(若葉の芽が出てたりしていた。)と葉っぱの数は減っていき、ついには丸坊主となり、今年の夏は水を切って休眠状態で越した。
球根が硬ければ大丈夫という園芸家の言葉を信じ、一応硬かったので今朝、植え替えをしようと鉢から取り出したら、やけに軽く、思い切って押したら陥没した。中が空洞になっていて、完全にお陀仏だった。

昨年12月に買った鉢は、8月に花が咲いた。葉っぱの芽も蕾も茎の元に小さくいくつも出てきていた。しかし、咲いた花は、スズランのように下向きのまま。あっという間に葉っぱが枯れて、8月下旬には丸坊主となった。
こちらの球根は硬く、根は毛むくじゃらに張っていた。土を落として根を半分くらい切って、もとの鉢に新しい土で植え替え完了。来月から肥料をやって、上手くいけば年が明ける頃には花が咲くはず。

わかったこと。
夏は毎朝、水を遣ってもいいくらい。蒸せるのは苦手と聴いていたので、2、3日に1回水遣りをしていて枯れた。
植え替えは、葉っぱがあってもなくても毎年9月に行うべし。←ネット情報でも実感としても。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。