パクチー

2017

パクチーの花
2017年1月、苗を一株購入。直根性で移植を嫌うそうな。根鉢を崩さないように背の高い鉢に植え替えた。本で見たのと違い、どんどん背が伸びて1mくらいになったので5月に支柱を立てた。イタリアンパセリと同じセリ科で水が好き。セロリもそうだが、セリ科は独特の匂いがある曲者ぞろいでクセになる。
イタリアンパセリとパクチーのよく似た植物が、隣り合った鉢で育っていった。白いレースのような花の上を小さな虫がたくさん這っていた。おかげで6月には採種。柔らかそうな葉っぱをカットしてラーメンに入れて食べた。食が進む。7月も種を採った。9月には種を播いた。10日くらいで芽が出た。チャイブの種まきで、せっかく出た芽を水遣りで倒して再起不能にしたことから如雨露が必須と学習し、今回は無事、双葉から本葉へと生長している。間引きも続けなければならない。
パクチーとイタリアンパセリが、こんもり育たなかったのは摘心をしなかったからだろう。二株以上育ったら採種用以外は摘心してこんもり育て、いっぱい食べたい。(2017/10/29)
もらったパクチー苗がガッシリと力強く育っている。プラスチックの深鉢に直播きしたものは、本葉も出ているがひょろひょろだ。どんどん間引いて現在、二株。先週と今週に間引いた株は、根までちぎって味噌汁に入れた。(2017/11/19)

イタリアンパセリの花

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。