グレイテスト・ショーマン

さすがミュージカル。リズミカルにとんとんサクサク話が進んでイイ感じ。
ハートはあるし(貧乏な人、のけ者にされている人、虚ろな人の気持ちが伝わってきた)、音楽もいいし、空中ブランコ乗りの黒人女性(ゼンデイヤ)と名をなした脚本家(ザック・エフロン)である白人男性のデュエットシーンは名シーンだし(エフロン/ジャックマンの居酒屋シーンも楽しかったし)、なかなかよかった。
良妻賢母のチャリティがミッシェル・ウィリアムズだったとは気がつかなかった(^_^;。好感を持てる役を初めて見た気がする。
ヒュー・ジャックマンは、山っ気のあるバーナムを演じてスマート。当たり障りのない、ほどほどの山っ気だった。(若い頃のゲイリー・オールドマンが演じたらどんなになるか(笑)。)
(2018/02/27 TOHOシネマズ高知4)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。