シェイプ・オブ・ウォーター

シェイプ・オブ・ウォーター
エロティック、バイオレント、ビューティホー!色んなものが隅々まで美しかったが、特に緑色が美しい。水底のヒンヤリとした心地よさが伝わってくる。劇場周辺の落ち着いた臙脂の温もりもいい。イライザの魂の叫びに圧倒されたし、ラストシーンの美しさに涙が出た。孤独を癒してくれるもの、生きる力を与えてくれるものが映画だというのもいいし、劇場のうえに住まいがあるなんて、映画ファンからしたら夢のよう。昔、ティム・バートンが出始めの頃は、彼が「妖怪人間ベム」を見たら何と言うか聴いてみたいと思ったものだったが、ギレルモ・デル・トロにも聴いてみたい。

心が通じ合うというのは何と素敵なことか。一方、さかなクン(ダグ・ジョーンズ)を始め、イライザ(サリー・ホーキンズ)をいたぶるだけではなく、博士(マイケル・スタールバーグ)への拷問ばかりか妻とのセックスにおいても思い遣りのかけらもないストリックランド(マイケル・シャノン)を理解しがたい(『パンズ・ラビリンス』の将軍を思い出す)。どうしてこんな人物になったのか。もっと映画を見ていれば情けも育まれたろうに。

イライザの友だちの絵描き(リチャード・ジェンキンズ)と同僚(オクタビア・スペンサー)も寂しさを抱えた人たちだ。絵描きの視点で語られるおとぎ話は、私たちにも力を与えてくれる。さかなクンとイライザは、遠い水の国で仲良く幸せに暮らしているにちがいない。
(2018/03/03 TOHOシネマズ高知2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。