モリのいる場所

数年前、熊谷守一のカレンダー表紙に一目惚れして、ひろしま美術館での展覧会にも行って、映画にも行ったというわけで(^_^)。
モリ(山崎努)のいる場所は、居心地がよさそう。藤田(加瀬亮)の助手がまた来たい気持ちになるのがよくわかる。開発が進んでいく都会の一角にオアシスのような「モリのいる場所」というところだろうか。私は樹木希林さんが苦手で(なんだか芝居も窮屈に感じるのです。ちなみにキムタクも。)若干心配していたのだが、居心地のよい場所作りに貢献していて流石だなあと思った。宇宙人(三上博史)はよいとしても、ドリフのタライ「ガーン」はちとやり過ぎな感じ(笑)。
小さな庭が宇宙のように広く、虫や植物を眺めて暮らす時の流れに限りなし。戦後最低最悪最凶の政府が作り出した今の時世に『モリのいる場所』を観ることはコクーンに包まれるようだった。繭の中で眠り続けたいぜよ。(2019/01/09 あたご劇場)

「モリのいる場所」への2件のフィードバック

  1. お茶屋さん、こんにちは。
     過日の拙サイトの更新で、こちらの頁をいつもの直リンクに拝借したので、報告とお礼に参上しました。

    「宇宙人(三上博史)はよいとしても、ドリフのタライ「ガーン」はちとやり過ぎ」
    はい!はい!はい!はい! そうなんです~。

    ちと喜びすぎ?(笑) どうもありがとうございました。

  2. そう、そう、そう!そうですよね~(笑)。
    こちらも喜びました。
    ありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。