謹賀新年2015

賀状2015
昨年は、晴れ時々ヤモリで、第一次接近遭遇が4回、手や肩に触れる接近遭遇が3回。物干し竿のキャップが外れたところに潜んでいた雨蛙が手のひらに飛び込んできたり、お風呂場にミミズが現れたり、生き物との縁があった年でした。
また、老眼になってものが見えにくくなりました。持病の眼病になる周期が短くなりました。五十肩も治りませんでした。映画は20本も本数が減りました。自主上映もほとんど観に行けませんでした。選挙権を得てから最低最悪の内閣が続くことにもなりました。

新しく始めたこと。
スマートフォンを購入。スマホにラジオ体操を保存して、朝は第一をやっています。
万歩計を購入。外に出るときは鞄に入れてできるだけ歩いています。四国八十八ヶ所を万歩計で巡礼するタイプのやつで、只今、13番札所へ向かっています。

それにしても、映画が減っても100本、気力がなくても万歩計ですからねぇ。まあ、上等です。
久々のマイケル・キートンの『バードマン』、実写『くまのパディントン』、見たいな~。パディントンの声はコリン・ファースがあてているそうです。
それから『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』のサイトを偶然見つけて、パガニーニってこんな人だったの?と驚いています。見てみたいなー。笑えるかも(^m^)。
こんな調子で今年も平穏無事に過ごしていきたいです。

万歩計(R) ゲームポケット万歩 歩く遍路 GK-600
『バードマン』公式サイト
Paddington – Official International Trailer
『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』公式サイト

雨雨雨

守宮
名乗らずにぢっと見下ろす守宮かな

今年はよく降りますね。苦手な梅雨がずーっと続いているみたいでした。ゴーヤはたくさん花をつけていたのに雨が多くて蜂があまり来ず、10本もとれませんでした。秋の長雨というので9月も降るだろうなあ。今も降ってるし(笑)。
8月は『エイトレンジャー2』しか観てないです。今月は早5本。

『怪しい彼女』面白かったし、感動しました。韓国の歌謡曲もイイですね。色んな人に勧めまくっています。
『LUCY/ルーシー』ダライラマ14世が観たら喜びそう。ダライラマ14世は、仏教の文化がベースにある日本の科学者と話したいと言っていたそうですからして。色即是空衆縁和合の世界を描いているようも見えるので。
『TOKYO TRIBE』ミュージカルだったとは・・・・。ラップはバネだよバネ。90分未満の上映時間だったらよかったけど、バネのないラップは疲れるのであった。でも、この世界観はイケテル。
『罪の手ざわり』今の中国は日本や他の国々と同様に貧富の差がつき、人々は追い詰められて悲惨なことになっていると思いました。今回のジャ・ジャンクー監督は立ち位置がハッキリしていて、ハートがあったと思います。芭蕉や家畜など2回以上現れるものは何を象徴しているのでしょう?ウトウトしたところもあるけど、映像もパワーがあるし、ケレンもあって面白かったです。
『IN THE HERO』もう、始まりからしてヒーローものでして(^Q^)。ノリノリですよー(拍手)。映画作りの映画、裏方さん♥ありがとう♥ですよ(涙)。唐沢寿明、すごくよかった。軸がぶれない動き、カッコよかったー。アクション映画が大好きってわけでもない私が楽しめたので、ブルース・リーとかJACなど詳しい人はより楽しめるのではないでしょーか。

守宮って夏の季語だそうです。窓の向こう側にいる守宮は指の先が丸くて可愛い!・・・・のですが、何かの拍子でこちら側に入ってくるともうダメ(^_^;。家のトイレとか寝室とか台所で見かけましたが、行動範囲の広い一匹なのか、同じ大きさの三匹なのか、それが問題だ(ToT)。

謹賀新年

謹賀新年
ウマをあわせてピース

今朝起きて鏡を見たらベートーヴェンの髪型でした。いや~、いい年になりそうだなぁ(笑)。ベートーヴェンといえば、弦楽四重奏曲集は、夏の暑さ負けと秋からシャールクの追っかけに精を出しすぎたことで半分しか聴けず。全集制覇は2カ年計画になりそうです。そんなわけで、2013年の下半期は頭をインドに乗っ取られ、ディーピカー・パードゥコーンという名前をスラスラと言えるようになりました。上半期はというと、長年のネット友だちケイケイさんに初めてお会いできたことが良かったです。日本丸よどこへ行くというような目茶苦茶な年でしたが、私生活は良い年でした。

さて、2014年は映画の本数を減らし、運動して心身を健康に保ち、マメに掃除をしたいのですが、それは毎年思うこと。出来た試しがありません。う~む、今年もそうなのか。・・・・意志薄弱。
自分を五つの言葉で表すとしたら「不精、なまけもの、ものぐさ、省エネ、合理的」かと思っていましたが、「不精、単純、恩知らず、意志薄弱、イイ性格」かもしまれません。うん、この五つは気に入った!(そのとおり。)
そんなこんなで、今年も始まりましたね!

一昨日が処暑らしいけど

2013残暑お見舞い

ところによって降りすぎたり、降らなさすぎたりで、うまくいかないものですね。こちらは日照りが続いておりましたが、昨日今日とようやくのお湿りで、エアコンのない私の部屋でも扇風機で何とかしのげて、一月ぶりにホームページの更新ができました。
映画は精力的に(?)見ておりまして、6月から感想がたまる一方。かるかん率100%を達成できるでしょうか!?

DVDも見たので感想~。
『空飛ぶゆうれい船』、オープニングが素晴らしい!後半少し失速するけど、それまでは「わくわくドキドキ、次はどうなる!?」という冒険もの。7月の上映を見逃して本当に残念でした。
『ディスタービア』、やっぱりシャイア・ラブーフ君が好き好き~。可愛いな~。追っかけますよ~(笑)。
実るほど頭を垂れる稲穂かな。いくら勉強ができても実ってないから周りの大人がバカに見えて仕方ない。『17歳の肖像』、若さってこういうものですよねぇ。失敗を悟ってからの主人公(キャリー・マリガン)は本当に賢かったなぁ。キャラクターでは、主人公が婚約したと知って相棒と絶交する泥棒さん(ドミニク・クーパー)が好き。
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』、これは是非スクリーンで観たいスケール感と映像美。お話も「狂」を描いて面白かった!金儲けも汗水たらして働いているうちは良かったけれど、「足を知る」ことがなければいずれは血を見るということでしょうか。主人公(ダニエル・デイ・ルイス)と資本主義社会が妙に重なります。
『エスター』、めっちゃこわくて、パソコンの画面(ウィンドウ)を小さくしてみました(笑)。子どもがあんな風に・・・というのは、後味悪い~。オカルトと思って観ていたら、あららビックリの正体。異形の者の哀しさにあと一歩でした。
『マイ・ブラザー』、ナタリー・ポートマン、ジェイク・ギレンホール、トビー・マグワイアで『ある愛の風景』のリメイクとくれば観たいよね~。トビー・マグワイア(のギョロ目)が怖かった~。