グスコーブドリの伝記

ものすごく魅力的な失敗作のような。絵の美しさやキャラクターのユニークさはよいし、音楽は手風琴や笛の音色がこの作品の雰囲気にピッタリ。(キャラクターごとのテーマを徹底したのはやりすぎかな?)
「失敗作」かどうかは作り手にしかわからないことなので、失敗作と言い切るのは間違いだと思うけれど・・・。
たとえば、冒頭のグスコー一家の団らんの場面。セリフや笑い声が不自然で、いかにも冷害の前の幸せな一時を描くためという感じがする。あるいは冷害で父と母が子どもを残して相次いで森へ行ってしまったのは自発的姥捨てなのかもしれないが、あの描写では突然両親が出て行ったのは、なぜなのかまったくわからない。両親という食いぶちが減ったおかげで、ブドリは生き延びることが出来たのだとすれば、誰か(何か)の犠牲のうえに私たちは成り立っているという宮沢賢治的テーマにつながるんだけど。あとでブドリが両親に生かされたと悟る場面があれば、わかりやすいのに。しかし、作り手が、家族団らんのシーンは不自然でよい、両親が出て行ったのは、なぜだかわからなくてよい、とそういうつもりで作ったのであれば、作り手にとっての失敗作とは言えない。今、二つ例を挙げたけれど、大体この調子だったと思う。

残念なのは、この映画の肝が伝わってこない点だ。「誰かのためになりたい、たとえ命を投げ出しても」なんて思ってもない観客にも、ブドリの「みんなのためなら、ぼくはどうなったって構いはしない」という気持ちを理解はできる程度に共鳴させるのが感動させるということのはずなんだけど。セリフで言わせてしまうなんて。
命を救うために命を掛けなければならない場面は、現実にあると思う。例えば、昨年の福島第一原発事故の現場で働いた人たちにどんな葛藤があったのか想像してしまう。その中にブドリがいたら(?)。
「海猿」シリーズは、命を掛ける話だからまだ共感が得られやすいのかもしれない。「ブドリ」は命を投げ出す話だから作り手としても難しかったのかな?

ともあれ、私にとっては魅力的な作品で、もしかしたらまた観に行くかも。

監督:杉井ギサブロー
(2012/07/07 TOHOシネマズ高知4)

「グスコーブドリの伝記」への7件のフィードバック

  1. お茶屋さんの感想の前半、私も全く同じこと思いました。
    全体的に、一つのまとまった作品になりきれてない気も・・・
    (途中眠くなって困りました。)
    でも、私はソモソモ宮沢賢治の作品と相性が悪い?のかもしれないので、まあ仕方ないのかもしれませんが。

    コトリ、ほんとに怖カッコイイ!!キャラでしたね~(拍手)。
    佐々木蔵之介さんの顔がダブって見えました(^o^)。

  2. 私は、かなり寝ました(爆)。それなのに随分えらそうなことを書いてますねー;;;;。

    コトリのテーマ曲もいいですよね~。
    やはり、マントはカッコいいんですよ。子どもの頃は、毛布をマント代わりに遊んだなぁ。
    コトリは佐々木蔵之介さんがモデルなんでしょうか?あまりにもソックリ~。

  3. あ!
    ムーマさん、話は変わりますが、BBCの「シャーロック」月火水と放送してますね。ご覧になってますか?
    そして、「シャーロック2」も今度の日曜から放送されるみたいです。

  4. シャーロック! 観てますよ~ヽ(^o^)丿

    あの性格の悪さ!が、もうナンとも言えないですぅ(^o^)。
    (最近のワトソン君は、頼りになるのが流行なのかな。)

    最初のうちは現代の話だって事をすぐに忘れちゃって
    車だのPCだのが出てくるたびに、ハッとしてました。
    1は今夜が最終回だけど、すぐに2が始まるのが嬉しいです。
    (今度はもっと回が多いといいなあ。)

  5. シャーロック、笑えますよねぇ(^Q^)。
    ホームズの変人ぶりも、ワトソンのプンスカぶりもサイコーですよね。原作のアレンジぶりも(^o^)。
    原作ではワトソンが筆者ですから自分の活躍は控えめに書いていますが、軍医だから判断力はあるし、勇敢だし、感情的なんだけど忍耐強いし、今まで見たワトソンのなかで一番ワトソンらしいと思いました。

    私はPCなどは違和感なしですよ~。ただ、ジョン、シャーロックと呼び合うたびに、ハッとしてます(笑)。
    今夜、モリアティが登場しましたが、ホームズに勝る変人や~(^Q^)。
    シャーロック2も本当に楽しみですね。

  6. モリアティの大物感の無さ! 
    シャーロックの「兄貴」!(あんなの居ましたか?)

    ・・・もう変人が一杯でわくわくしますヽ(^o^)丿

    私は元々、ワトソンはホームズより年長で
    もっと穏やかな紳士(つまりボヤボヤしてる(^o^))
    っていうイメージなのかも。
    でも「勇敢で、忍耐強くて、判断力がある」っていうのも
    確かにそのはずですよね。うん。

    とにかく3回分観たら、彼らの若さ!に慣れてしまって
    以前持ってた各イメージが、おぼろ~になりそうです。

  7. >私は元々、ワトソンはホームズより年長で
    >もっと穏やかな紳士(つまりボヤボヤしてる(^o^))
    >っていうイメージなのかも。

    そういえば、私もそうだったような気がしてきました(^_^;。
    シャーロックの兄貴マイクロフトは、シドニー・パジェットの挿絵では太ってたのでイメージと違いますねぇ。
    政府の高官でシャーロックと同じくらい頭がいいのですが動かないんです(だから太ってる?)。

    今日、10時からですね!
    ワクワクドキドキ~。p(^^)q

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。