へルタースケルター

日本人の心は荒廃していると思う今日この頃。もちろん私の心も例外でなく、数年前、「別に」発言でエリカ様をバッシングした人たちをバッシングし返したい思いに駆られていたのであった。←ちょっとウソ。最も美しい二十代の数年を仕事を干され、『パッチギ』『手紙』を残して私たちの目の前から消えてしまうとは映画界の損失。←本心。楽しみが奪われた嘆きで私は憔悴しきっていたのであった。←大嘘。
そんなわけでエリカ様の復帰作とあれば見逃すわけにはいかないのに、ちょっと見た限りのネットではさんざんな評価で、さほどの根性がない私はさっそくひるんだが、幸いヤマちゃんが「おもしろかった」と言うので辛くも初志貫徹できたのであった。←本当。

そして、美しさを売り物にするのは大変だな~と一種のむなしさを感じて感動しかかった。そう、ここで終われば私は感動したまま映画館を後にしたはず。ところが、りりこの写真集が復刊されて、美しさがまだ売り物になっている!(へぇ~、「目グサッ」効果があったんや~。)りりこ死しても商品は死なず。そうか、商品としての美の消費期限というのは、美しくなりたい女性がいるかぎり需要が途切れることがなく、もしかしたら永遠なのかもしれない。う~む、そういう映画だったのか、へぇ~、ほぉ~と感心しかかった。そう、ここで終われば私は感心したまま映画館を後にしたはず。ところが、「りりこ目グサッ」「写真集復刊」の後も延々と続いて、りりこ生きてるやん!(驚愕)
う~ん、そこまで描くのであれば、香港のりりこは目を覆うばかりの醜い姿になっており、「外見の美しさが滅んでも、どっこい生きている、生きられる」だった方が力強い作品になったような気がする。無残な姿になりながらも生きているりりこの強さ儚さを表現できていたら、天然美女がなんぼのものやねんという、なかなかの作品になったのでは(?)。(それだけの作品に仕上がったとしても大森南明は浮いていると思うけど。桃井かおりはすごい!拍手。もちろん、エリカ様には大拍手。これからもたくさん映画に出てね。)

りりこ(沢尻エリカ)/麻田誠(大森南朋)/羽田美知子(寺島しのぶ)/吉川こずえ(水原希子)/錦ちゃん(新井浩文)/ママ(桃井かおり)

監督:蜷川実花
(2012/07/19 TOHOシネマズ高知9)

「へルタースケルター」への2件のフィードバック

  1. お茶屋さん、こんにちは。

    すっかり遅くなってしまいましたが、過日の拙サイトの更新で
    こちらの頁をいつもの直リンクに拝借しているので、
    報告とお礼に参上しました。

    僕のおかげで初志貫徹できたとは、恐縮至極。
    もっとも、感動しかかりつつハズサレまくったようで、
    果たして観後感や如何にというところが心配ではありますが。←嘘。
    ともあれ、世評ほどには悪くない映画だったのは
    間違いないように思ってます。←本当。

    どうもありがとうございました。←大本当。

  2. こちらこそ、ありがとうございます。
    ヤマちゃんのおかげで面白い作品を逃さずにすみました。
    世評では、りりことエリカ様を重ねているのが多いのが、ちょっと驚きでした。エリカ様のファンだけど、よく知らなかったのね(^_^;。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。