メリダとおそろしの森

私にとっては『レミーのおいしいレストラン』級かな。
コメディ要素・笑いのポイントがふんだん。バグパイプ、タータンチェック、スコットランド~。語りが上手い。そんなわけで上映時間、あっという間。
だけど、メリダはなんか嫌な女の子だ。母親に悪態ついて反抗したってかまわない。だけど、熊になった母親に対しては、同情してもっと優しくしてくれた方がよかった。随分ぞんざいな口を利くように思えてあまり愉快じゃなかった。また、作り手が、熊になった母親を笑いものにしすぎだとも思った。熊になるってそんなに軽いことなのか~。コメディって難しい。(私が難しいのかも。)

ところで、ピクサー作品は本編の前におまけの短編がついている。いつも素敵な作品で、今回の『月と少年』もとてもよかった!『メリダとおそろしの森』はなかったことにしようっと(笑)。

BRAVE
監督:マーク・アンドリュース
(2012/07/26 TOHOシネマズ高知9)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。