007 スカイフォール

ちょー面白かった!
役者がいい。撮影がいい。ロケーションがいい。美術がいい。音楽もいい。お洋服もおっしゃれ~。
話は大きく出たのが小さくしぼんでいくけれど、そこを役者が補って余りある面白さ。悪役シルヴァ(ハビエル・バルデム)の存在感は圧倒的で、気持ち悪いしゾッとするほど怖かった。それに・・・『慰めの報酬』から思っていたことだけど、M(ジュディ・デンチ)といっしょにいるときのジェイムズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)が微妙に可愛いのがツボ!ツボツボツ・・・(エコー)。
クレイグ=ボンドになってからシリアスすぎると言われているらしいけど、今回は笑った(2、3回)!いやいや、ボンドが同僚イヴ(ナオミ・ハリス)やQ(ベン・ウィショー)と絡む場面を合わせると、もっと笑っていたかも。
お色気ねらいの007ファンは、ボンドガールの出番が少ないというかもしれないけれど、私はクレイグ=ボンドの色気で十分だしねぇ(^_^)。
そして、アクションも何がどう動いているか、ちゃんとわかった!そのうえ、手に汗握った!見事な50周年記念作だ。
(以下、ネタバレ全開です。)

メインタイトルが表示されるまでのあいだに、自動車、バイク、列車とアクション総ざらい。ボンドがショベルカーを操作するおまけ付きで、とことん乗り物を出す(笑)。もちろん、あとでお船も地下鉄もヘリコプターも出てくる。この地下鉄のど派手な出し方には、『ダイ・ハード4.0』でジョン・マクレーンをジェット機と格闘させた荒唐無稽さを彷彿させられて可笑しかった。

イスタンブールの空をバイクで飛んだと思ったら、上海の高層ビルディングではネオンを背景にシルエットでの格闘(モジリアニ絵画のおまけ付き。Qとの初対面はターナー絵画のおまけ付きだった!)。マカオの軍艦島の廃墟までが美しく、目のご馳走を「どうぞどうぞ」という感じで巨像が倒れている。秋色から冬枯れのスコットランドへと北上し、たどり着いたJBのかつての実家の門柱には堂々たる鹿(?)のオブジェが立っておわす。果ては、夜、後ろではお城がぼうぼう燃えている、炎の明かりが届かなくなった前方、闇のむこうに懐中電灯の白い小さな光が動いている。美しい~!
目のご馳走は最後まで。ビッグベンをこんな風に眺められるのかと新鮮だった。

お話は、Mに切って捨てられた部下シルヴァとボンドが、片や恨みはらさでかとMの命を狙い、片や守ろうとする。きゃー、Mをめぐってシルヴァとボンドの三角関係よ~(^o^)と本筋でも十分楽しんだが、裏筋として英国に諜報部(映画界に007シリーズ)は必要かというのがあって、これもマロリー(レイフ・ファインズ)がMに引退を迫ったり、Mが聴聞会に引っぱり出されたりして面白かった。冷戦後に諜報機関は必要なのか、情報公開もできないような古い組織はいらんのじゃないの?というわけだ。

脇筋としては、セヴリン(ベレニス・マーロウ)にボンドが「隠してもおびえている女はすぐわかる」と言ったとき、亡くなった恋人ヴェスパー(エヴァ・グリーン)のことを思い出しているのがわかったのがよかった。だって、セヴリンたら、ヴェスパーそっくりのメイクなんだもん(笑)。
また、ボンドってスコットランド人だったのかー!とか、キンケイド(アルバート・フィニー)がお屋敷の番人で、けっこうイイとこのぼんぼんだったのが没落したのねとか、どうして孤児になったんだろうとか、心理テストで故郷(スカイフォール)につまずくとは、よっぽどのことがあったのだろうとか、いろいろ面白かった。『カジノ・ロワイアル』では孤児らしいということがわかっただけだったけど、少しずつ彼の過去が明らかになっていくのかもしれない。今後もますます楽しみだ。

SKYFALL
監督:サム・メンデス
(2012/12/01 TOHOシネマズ高知6 字幕版)

007 スカイフォール(2回目)の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。