ジョン・ポール、ホリヨークスに帰る

2008年9月にクレイグとダブリンへ旅立ったジョン・ポールが、別れて(捨てられて?)帰ってくる。4年経っているからねぇ。ジェームズによると別人になっているそうだ。おそらくクレイグに苦労させられて「大人」になったのでしょう(笑)。迎えるマクィーン家の母と姉妹の喧噪ぶりが想像できて楽しいわ~。12月18日の放送から登場するらしいので、動画のアップを期待してyoutubeを検索せねば。

インタビューによると「ホリヨークス」でとてもよい経験ができたし、撮影は自分が住んでいるリヴァプールだし、いつかカムバックするだろうと思っていたそうだ。当時のプロデューサー、ブライアン・カークウッドとも連絡を取り合っていたとのことで、どうやらカークウッドが「ホリヨークス」に復帰したこともカムバックの要因になっているような気がする。
公表されたときの反応からファンの期待の大きさは感じており、プレッシャーも大きいけれど失望させたくないのでベストを尽くしたいと、ごくあたりまえのことも言っていた。

デジタルスパイのインタビューは、ありがたいことにブロークンレッグ・ワークショップについても質問してくれて、ワークショップは最近リーズでも大成功だったこと、劇団は劇場での演技に焦点を当てているので、カメラを前にした演技については結構あちこちで需要があることなどを語っていた。

次のリンク先はデジタルスパイのインタビューで、新ジョン・ポールの写真付き(3枚も)。ジェームズのツイッターで見る本人の姿は、ひじょーにふやけているので、ジョン・ポールになれるのか若干心配だったけれど、2枚目のなんか見事にジョン・ポールだ。これは本当にスタッフのおかげだと思う。前から思ってたんだけど、「ホリヨークス」のスタイリストさんと照明さんには「綺麗にしてくれてありがとう!」と言いたい。
‘Hollyoaks’ James Sutton talks John Paul’s return – interview

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。