裏切りのサーカス

ちょー面白い!!!
サーカスにしては渋いキャスティングと思ったら、1970年代、英国スパイの話だった。

MI6の中にソ連に通じた裏切り者がいる。それは誰か。ジョージ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)は、いつの時点で誰が裏切り者とわかったのかなど、細かいところで付いていけなかったところがあるので、もう一度、ぜひ、観たい。
ただし、一度観ただけでも感動するには充分で、何に感動したかというと、スパイも人間だということ。ポーカーフェイスのその裏に秘めた思いというのが、様々な伏線を巡らしたうえに最後の最後でいっさいが明らかになり、ビル・ヘイドン(コリン・ファース)とジム・プリドー(マーク・ストロング)の因縁や、スマイリーの愛妻ぶりなど、感情を露わにしない分じわじわと切々と心にしみてくる。
スクリーンに映らなくても、思い人の運命を知ったリッキー・ター(トム・ハーディ)の気持ちを想像したり、話に出てくるだけのソ連のスパイ、カーラの忠誠ぶりを思うだけでも、人間の心はドラマチックだと唸りたくなる。
また、組織内の派閥あらそいという視点で観ても面白いように作られている。

ところで、スパイの職務を果たすには「目立たない=華がない」がイイような気がするが、そうすると華がなく腹芸の出来るUK俳優の独擅場とも言える(?)この作品(笑)。『ダークナイト・ライジング』とは別人のトム・ハーディには驚いたし、ピーター・ギラム役でドキドキハラハラの美味しいシーンをもらったベネディクト・カンバーバッチはラッキーだったねだし、コントロール役のジョン・ハートは枯れても色気があるしで楽しませてもらった。
だけど、やっぱり一番好きなのはゲイリー・オールドマンだなぁ。穏やかな老紳士の瞳がアップになると・・・・・、目が驚くほど生きている。その瞳の裏で何を考えているのか。深みのある本当にいい俳優だと思う。

TINKER TAILOR SOLDIER SPY
監督:トーマス・アルフレッドソン
(2012/11/24 ギンレイホール)

「裏切りのサーカス」への2件のフィードバック

  1. あたご劇場で始まりましたね~ヽ(^o^)丿
    昔原作を読んだんですが
    勿論全部忘れてるのでOK♪

    お茶屋さんのアドバイスに従って
    人物の相関図もチェックしてきました(^-^)
    後は(忘れないうちに)観に行くだけです。
    観たらもう一度読みに来ますね~(^o^)

  2. 原作「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」、面白いらしいですね。よんでみようと思っています。
    BBCの連続ドラマでは、『アラビアのロレンス』でファイサル王子をやった、えーっと『スターウォーズ』ではオビワンの人、あー、名前が出てこないけど、その人がスマイリー役だったそうです。放送時間にはお風呂屋さんが空になったそうな(笑)。
    私ももう一度観に行こうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。