ゼロ・グラビティ

素晴らしい!『マトリックス』みたいにエポックメイキングになりそうだ。
予告編でもその映像の美しさと宇宙空間での絶体絶命のサスペンスが伝わってきて、大好きな監督の作品だし、ものすごく期待していたが、その期待を上回った!
オープニングからして目を見張る。青い大きな地球の縁の白い点がこちらに近づいてくる。スペースシャトルとわかってからも、そのシャトルといっしょに近づいてくるこれまた白い点は何だろうと思ってずーっと観ていた。
回転しながら遠ざかるライアン・ストーン(サンドラ・ブロック)。ライアンを捉えたカメラが、いつの間にか彼女のヘルメットの中に入って彼女の視点で宇宙を捉える。音もそのように作られている。ヘルメットの中に入った瞬間、彼女の息づかいが近くに聞こえるのだ。
本当の宇宙では音がしないというわけで、ライアンが手前であせっているシーンの背景で、宇宙ゴミがぶち当たった人工衛星が無音で木っ端微塵になる。音と映像と無音と黒味。映画の4要素フル活用。
宇宙で事故に遭い地球に帰還できるか否かという話はサスペンスフルで言うことなし。それより主人公の孤独を深く描いたので哲学する作品になったところが凄い。
邦題を「無重力」にしたのは、若干アイタタタである。ライアンが娘の死という重しを「生きる力」に変換した。生還したとき感じた地球の重力は、生きている実感、生きる喜びなのだ。

マット・コワルスキーは、演じたジョージ・クルーニーその人のように思えるくらいピッタリだった。「嫌な予感がする」と軽口を叩いていたけれど、命綱を自ら外すようなこともシミュレーションしていたのではないだろうか。宇宙へ行くならジョージ・クルーニーと。この映画を観た人は、男女問わずそう思うに違いない。

GRAVITY
監督:アルフォンソ・キュアロン
(2013/12/18 TOHOシネマズ高知5)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。