ボヘミアの醜聞

「あの女」アイリーン・アドラーに出し抜かれ、国王と彼女のツーショット写真を取り戻すことに失敗。だが、アイリーンが写真はお守りとして持っておくにとどめると約束したので、国王は写真は焼き捨てたも同然だとホームズの仕事に満足し、一件落着。どんな褒美でもとらすという国王に、ホームズはアイリーンのブロマイドを所望。かつて女の知恵を嘲笑していたホームズだったが、以後、笑うことがなくなったというオチ(^o^)。

コメディ仕立ての短編で、ボヘミア国王との掛け合いは間がよくて漫才みたい。
ホームズの変装2回、アイリーン1回。ワトソンも「火事だー!!!」と叫ぶ役回りがあてがわれる。
活劇の要素もあって、ゴドフリー・ノートン(アイリーンの恋人)が辻馬車に飛び乗り「セント・モニカ教会へ!20分で行けたら半ギニーやるぞ!」。つづいて、アイリーンが馭者に「セント・モニカ教会よ!20分以内に着けたら半ゾウリンあげるわ!」。更に追いかけるホームズが「セント・モニカ教会へやってくれ。20分以内に着けたら半ゾウリン!」てな調子で、教会に着いたらホームズは二人の結婚式の立会人を引き受ける羽目になるのだ(^Q^)。

話の導入部も素敵で、この頃ワトソンは結婚していて、往診の帰りにベイカー街を通りがかり、窓に映ったホームズの影をみて会いたくなる。

ホームズの態度は割合そっけないものだった。めったに感情を表にあらわさないのだ。だがそれでも、私に会って喜んでくれているのはわかった。ほとんど口もきかなかったが、やさしい目付で、肘掛椅子にかけるようにと手で合図すると、葉巻きのケースを投げてよこし、酒の台やガソジンが部屋の隅にあると指でさし示した。そして、暖炉の前に立つと、例の妙に内省的な表情でじっと私を見つめた。(東京図書、シャーロック・ホームズ全集第5巻P122、日暮雅通訳)

ここまで読むといい雰囲気なのに、後の会話がまた笑えるのである。

最後に肝心な話。
写真まで所望した初めての女性であるからして、彼女に対して恋愛感情があったかどうか常に問題とされるところだが、写真を受け取った後の態度は、プライドずたずた、悔しくてたまらん、というふうに私には読める。そんな相手の顔も見たくないとはならずに写真がほしいとは、ホームズ、マゾか(笑)。まあ、「マスグレイヴ家の儀式」でも記念品をブリキ箱から取りだしていた彼のことだ。ブリキ箱には他の事件の記念品も保管されていることだろうし、ホームズは記念品コレクターなんだろう(?)。なんか可愛い(^m^)。

「ボヘミアの醜聞」への2件のフィードバック

  1. 「シャーロック2」のドラマより、もっとずっと明るい話だったんですね(読んだ記憶はあれど、実際の描写とか雰囲気とかはぜ~んぶ忘れた)。
    アイリーンにもちゃんと彼氏がいたんだ~(^o^)。

  2. 明るいです。コメディです(^Q^)。
    「シャーロック2」は、素晴らしい脚色、翻案です。
    シャーロッキアンたちは、アイリーンの彼氏は詐欺師ではとか言っています。アイリーンは娼婦とは書かれていませんが、ビクトリア朝ですからね~。女性の一人暮らしは・・・・。

    ムーマさん、面白い動画を見つけました!
    ‘Sherlock’ around the world
    http://www.digitalspy.co.uk/video/v1351246195001/sherlock-around-the-world.html

    そうそう、BBCではベネディクトさんの新しいシリーズが。不機嫌な貴族の役とか。絶好調ですね。
    http://www.digitalspy.co.uk/tv/news/a402615/parades-end-benedict-cumberbatch-i-havent-played-many-aristocrats.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。