コーヒーの木

いつの間に6号鉢に植え替えていたのだろう。
2017年4月、2号鉢。
2017年10月、4号駄温鉢。
2018年4月、6号駄温鉢。←というところかな。
そして、本日、8号駄温鉢に植え替え。
この調子だと来年は10号に植え替えか。10号くらいになると花が咲くかもしれない。そして、実が成ると!
しかし、8号が二鉢となると、けっこう労力がいるなあ(既に)。パキラも二鉢だし。う~む。植え替えたあと、また屋内に取り込んだのだ。遅霜の恐れがあるので外に出すのは4月10日以降だ。(2019/03/24)

10月にパキラとともに引き取ってくれた園友さん、ありがとう!助かった~。
今年は取り込むのが遅くなって葉っぱの色がイマイチ。取り込みながら気がついた。枝振りが良い方をと思い差し上げたんだけれど、あちらは由緒正しい傷物だった。3本いっしょに植わっていたものを植え替えたとき、あまりにも細く倒れそうだったので割り箸を添え木にしていた。一つは自然と添え木が取れたが、もう一つは添え木をしたまま幅も長さも割り箸を追い越し、どんどん大きくなって気がついたら結束バンドが幹に食い込んでいた。バンドを解いて割り箸を取り除きながら、この傷がどうなっていくかも一つの楽しみよのうと思ったことだった。←昨年の秋、屋内に取り込んだときのこと。
それをすっかり忘れていたのだ。
園友さんには、傷も含めて花が咲き実がなるのを楽しみに育ててほしい。(2019/11/03)


2018

金木犀の木陰で二鉢とも凄く大きくなった。一つは強風に倒れて鉢から飛び出したりしたので新しい土を足した。そうして根が切れたので、今かえって元気だ。もう一つは、根が回っているのだろう、水を吸う力も弱く(もう一つと比べて土の乾きが遅い)、葉の色が薄く、黄色っぽいものもある。もっと早く気がつけば植え替えしたのに、今はもう冬。春まで我慢だ。(2018/11/25)


2017

2017年3月、購入。小さな鉢に3本植わっていたので、4月には2号くらいの素焼きの鉢に分けた。一番小さい木は枯れてしまったが、あとの2本はずいぶん大きくなったので10月に4号駄温鉢に植え替えた。大きい方は双葉から数えて15段目で枝分かれした。コーヒーの実は熟すと赤くて甘くて美味しいらしい。種はコーヒーになるし、葉っぱも艶々できれいだし、葉芽も合掌のように出てきて開くのが面白く、楽しみが大きい。幹が細いので割り箸の支柱を立てている。今年は室内で育てたが、来年の春からは外に出して一気に大きくしたい。(2017/10/29)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。