ビオラ パンジー

昨年、秋に切り戻ししたビオラは、真冬もずーっと咲き続け、3月下旬には鉢植えも地植えも咲き誇った。地植えは、色違いの3株を離して植えたが隙間がなくなっていたし、鉢植えは、ビロードのような濃い紫のビオラがしだれたり、こんもりした中から鮮やかなパンジーが顔を出していた。5月中咲いてくれたのも嬉しかった。

秋には白いビオラを3ポット買った。あまりに小さいので切り戻しはしなかったが、同じ鉢に植え替えてから2、3週間で次々と咲き出して、近くに置いてあった白いゼラニウムとで「白コーナー」が出来上がった。「白コーナー」を充実させるべく、白いパンジーも2ポット買ってきて長四角の小さい鉢に植え替えた。現在、ゼラニウムは一段落して(次の蕾があがって来ず)、ビオラとパンジーが「白コーナー」を維持している。

また、薄紫のパンジーとビオラ(紫に柿色)を寄せ植えしたかったが、別々の鉢に植えている。それはそれでいい感じになってきている。(2018/12/09)


3月、気がつくと父が庭に植えていた。こんもりと咲かせるために切り戻したが、どういうわけか失敗。どうしてだろうと思っていたら、パンジーは切り戻さない方がよいのだそうな。
10月に入って買ったものの、台風のため植え替えできずポットのまま伸びていたビオラを、晴れたすきに植え替えた。鉢植えも庭植えも切り戻した。今度はこんもりなるかな?(2017/10/29)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。