窮鼠はチーズの夢を見る

TOHOシネマズでBL。主演が関ジャニ∞で一番の男前の大倉くん♥。原作は読んでいるけど、程よく忘れている。行定監督は嫌いじゃないし。というわけで見に行ったら、今ヶ瀬(成田凌)、可愛いよ~。恋する男子は乙女やね!
なかなかの恋愛地獄だったけれど、完全に人ごとで見れたのでよかった。

今ヶ瀬は、長年の片思いから脱し、やっとの思いで最高の幸せをつかんでおきながら、相手を信じられず無用な嫉妬をして自ら幸せを壊し、苦しむ。一方、大伴恭一(大倉忠義)は、今ヶ瀬の苦しむ姿に耐えられず、最悪の言葉で思いっきり振る(それで相手が諦め、苦しみから解放されるとも思っていた)が、別れた後に恋しい思いが募ってくる。
結局、この物語は、大伴が恋を知って、来る者拒まず去る者追わずのモテすぎ症候群を卒業する話のような気がしてきた。
「心底好きになるということは、その人だけが例外になること」という意味のセリフは、今ヶ瀬が言っていたとおもうけど、「なるほど!」だった。タイプじゃなくても好きになることがあるし、論理の世界じゃないね。でも、「振られたら次へ次へ」で行った方が世の中まるく収まるよ。

それにしても、しばらく見ない間に大倉くんが大人になっていてビックリ。なんか陰のある冷たい感じと、今ヶ瀬が一目惚れする笑顔のギャップも魅力やわ~。流されそうに見えないので「流され侍」の大伴役は難役だったと思う。関ジャニ∞(ジャニーズ)を退所するような噂を聞いたけど、映画に出てくれたら会えるね。すばる君は音楽方面なのでご無沙汰。元気にしてるかなぁ。
「トミーとマツ」のトミー(国広富之)が、意外な役で出演していて面白かった(^o^)。
(2020/09/15 TOHOシネマズ高知7)

「窮鼠はチーズの夢を見る」への2件のフィードバック

  1. 感想書いてないけど、観ました!
    成田凌の乙女っぷりに悩殺されました。
    こんなに達者にお芝居出来る子だったのかと感心。
    あのまつ毛、パーマあてたんでしょうか?
    くるんくるんで、キュンキュンしてしまった(笑)。

    大倉はそれなりかな?
    難役を無難にこなした、と言う感じでしょうか?
    それより顔が美輪様の丸山明宏時代にそっくりで、そっちばっかり気がいってしまって(笑)。
    女装すれば、さぞ美しい事でしょう。

  2. ねー、ここでは子犬キャラでしたね。コリン・ファレルみたい~(笑)。
    近年、色んな映画に出演していて(あんまり見てないのですが)、化けっぷりがなかなかのものですよね。

    大倉くん、無難でした?よかった(ほっ)。ちょっと贔屓目に見ているもので(笑)。

    >それより顔が美輪様の丸山明宏時代にそっくりで、

    やや!と思ってググったら、ありました!
    https://twitter.com/nanalty/status/1031168694112542720?s=20
    私は玉木宏路線もイケルなーと先が楽しみになっておりましたが、そこに女装も加わりました。書き込んでくださって、ありがとう(^_^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。