雲のむこう、約束の場所

ひじょーに、むずがゆい。しかも、あまっちょろい。私はケール100%の青汁でさえ「たっすい」ので、気の抜けたサイダーのお湯割りをおいしく感じるのは、多分、飢え死にしそうなときではないかと思う。

この作品も『ほしのこえ』と同じで、戦いの中にありながら、戦いとはまるで異なる次元に生きている若者を描いているように感じた。今の朝鮮半島のように南北に引き裂かれた日本が舞台で、北海道と本州が敵対しており戦争が始まろうとしている。この戦争とは異なる次元に生きる夢見る三人が、否応なく戦争に関わることになる。

世界の破滅よりぼくらが大事。それはそうだ。異議なし。ただ、その見せ方が私に合わなかったということだと思う。

電車の中で天井のカーブに反射した幾筋もの光が走るところ、目を見張るほどよかった。作り手は常日ごろから、周りの景色をよく観ているのだと思う。そういう繊細な観察眼が更に活かされ、物語やキャラクターが洗練されてくると、もっと私が観やすい作品になるのではないか。午後の部は、最近の作品が上映されたと思うけれど、どうだったろうか。

監督:新海誠
(高知県立美術館 2012/08/19 高知県立美術館ホール)

「雲のむこう、約束の場所」への2件のフィードバック

  1. 午前の2本と午後の2本では、ほとんど別人の感じ~(が私はしました。以前観たときの話ですが。)。
    アニメ好きの若いモン曰く「新海誠は『秒速』だけ観ればいいよ。」。で、続けて「『雲の向こう・・・』は、観た人みんなガッカリするって作品だから(笑)。」だって(ホントか?)。

    お茶屋さんは『秒速5センチメートル』は、観る機会がないままですか。

  2. 『秒速5センチメートル』は、ニコ動だかyoutubeだかで見ました。よかったので、午後の部もあと1本とあわせて見ようとは思ってたんですが、お昼に一旦外に出るとね~。トリックアート展でいっぱいだから再び入る気になれなかったんです。
    もう1本なんだっけ。『星を追う子ども』、観るべきだったかな~。それは、オフシアター・ベストテン選考会でわかりますね。また悔しい思いをするのかも(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。