ボーン・レガシー

ジェレミー・レナーがイイ(^o^)。
予告編でいいなぁと楽しみにしていて、期待以上によかったので満足だ。

エドワード・ノートン、スコット・グレン(TAOさんのおかげで干物にしか見えなくなった(笑)。スコット様、ゴメン。)、デヴィッド・ストラザーンなど、もったいない使われ方をされている。追っかけシーンなんか、カメラぐりぐり、カットぱぱぱぱの何が何だかで詰まらない。お話もCIAの極秘作戦がどうのこうのと大きく出た割に、結局、アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)とマルタ・シェアリング(レイチェル・ワイズ)が、いかに追っ手を逃れて注射するかというだけのことだった。
2時間を退屈せずに済んだのは、ジェレミー・レナーに見とれていたからと言うほかない。

驚いたのは彼の顔だ。
予告編で傷のある顔が映っていて、これはてっきりジェレミー君とは別の俳優だと思っていた。手術か薬でジェレミー君の顔にして秘密工作員として働き始めるのだと思っていた。それが本編を見ると、傷のある顔はジェレミー君本人だった!(私だけの驚き?)
それと、額のシワ。
この複雑な(?)シワが、離れた目と、困ったような眉とあいまって見飽きない。童顔の部類に入る(特に横顔)と思うけれど、皮膚の凸凹が風雪を感じさせる。
それに動ける。
するするヒョイヒョイ登れるし、なかなかのバイク乗りじゃん。(もしかしてスタント?)
う~ん、今後、どんな役をやってもらおうかしらねぇ。考え中(^_^)。

THE BOURNE LEGACY
監督:トニー・ギルロイ
(2012/09/29 TOHOシネマズ高知6)

「ボーン・レガシー」への2件のフィードバック

  1. スコット様、ごめんなさい(笑)

    動体視力が弱いので、「カメラぐりぐり、カットぱぱぱぱ」
    はホントに困るんですけど、
    でも、ジェレミー・レナーを見に行こうかな。

  2. ジェレミー・レナー、なんか好きです~。
    『アベンジャーズ』は見てないんですけど。
    TAOさん、もし、ご覧になるなら、シワの解明をよろしくです(^o^)。迷路みたい~(?)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。