恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム

5月にあたご劇場で観たときは、意外なことにシャールクが目に入ってなかった。というと、あんまりか(笑)。もちろん「好き~」と思って見ていたが、伝説のシックスパックにさえ気がついてなかったくらい他のところに気をとられていた。その、他のところというのは、ディーピカー・パードゥコーンだ。本当に綺麗で可愛くて踊りがうまくて、何より輝きがキラキラキラキラ半端じゃなかった。第一にディーピカーの映画と言えると思う。もちろん、ディーピカーだけでなくシャールクとの魅力的な二人でスタア映画となっている。

ミュージカル・シーンも素晴らしい。ミュージカル・シーンだけで50分(10曲近く)あると思うけど、どの歌もキャッチー。なんべん聴いてもよい音楽で(衣装やセットも含めて)登場人物の心情をよく現している。踊り付きのは、これまた本当に楽しいし色っぽい。

お話もいい。恋と復讐の物語で、それだけでも充分面白いが、「本気で願い精進すれば、全存在が味方してくれる」という前向きなメッセージと「ハッピーでなけりゃ、エンドじゃない」というエンターテインメントに徹したインドの映画作りの神髄を貫き、そうして映画を作ってきた映画人への敬慕の念があふれているのが堪らない。スタッフが踊りながら登場するエンドクレジットは映画好きなら感動ものだ。

脇役俳優オームとスター俳優オームの二役(シャー・ルク・カーン)
大人気女優シャンティプリヤと南部からやってきたサンディの二役(ディーピカー・パードゥコーン)
ムケーシュ(アルジュン・ラームパール)・・・・この人こそ美形でしょう。
パップー(シュレーヤス・タラプデー)・・・・70年代の衣装がお似合い。

OM SHANTI OM
監督:ファラー・カーン
(2013/05/26 あたご劇場)

DVD

時をおいてDVDで観てみると、恋愛映画だったんだな~と改めて感動した。
シャンティプリヤの同じようなクローズアップが始めの方と最後の場面である。いずれもその前のカットは彼女を恋するオームだ。スタアと熱烈ファンという間柄にすぎなかった二人に30年の時を隔ててどんな気持ちの変化があったことか。

始めの方の場面

oso1
「ドリーム・ガール」のプレミアで、レッドカーペットを歩いていく主演女優のシャンティプリヤにうっとり~。

oso2
可愛いファンに、にっこり。

シャンティプリヤの大人気女優ぶりは、もちろんディーピカーの輝きがあってこそなんだけど、うえのようにシャールクの演技力でも引き立っていると思う。
第1部でシャンティプリヤ(スタア)とオーム(ファン)が死に、第2部でサンディ(ファン)と生まれかわりオーム(スタア)と立場が入れ替わるとディーピカーの演技力がちょっと弱い気がする。うえの場面で流れている曲は、第2部でオームとサンディが出会ったときにも流れる。このときサンディは目を回して気絶するんだけど、憧れのスタアに会えて嬉しすぎて目を回したのでしょうと観客が想像力で補う必要がある・・・かな。また、サンディはオームのためなら何でもする度が低いので、「シャンティプリヤを演じる」という動機が若干弱い・・・かな。

最後の場面

oso3
サンディではなく本物のシャンティプリヤだと気づき、手を伸ばすオーム。

oso4
いろんな思いがあるのでしょう。でも、さよならするしかないシャンティプリヤ。

切なさに落涙しそうになった。うえの画像でもわかるとおり、オームの背景は赤く、シャンティプリヤのは青い。背後の色でも生きている者と死んだ者がハッキリわかるが、二人の間には落ちてきたシャンデリアがあって、オームからはシャンデリアを隔ててしかシャンティプリヤを見られないという風に編集されている。二人の隔たりをシャンデリアで物理的に現しているのが上手い。

特典
もちろんメイキングあり。NG集のシャールクの可愛さは特筆ものだけど書かないよ~ん(^_^;。ロンドンのプレミア上映に集まったファン(屋外)に隅から隅まで(遠くの方にはジャンプして)手を振ったりなんだり。インタビューでは腹筋のこと聞かれてたー(笑)。

「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」への2件のフィードバック

  1. お茶屋さん、こんにちは。

     今日付の拙サイトの更新で、こちらの頁をいつもの直リンクに拝借したので、報告とお礼に参上しました。

    >その、他のところというのは、ディーピカー・パードゥコーンだ。
    >本当に綺麗で可愛くて踊りがうまくて、
    >何より輝きがキラキラキラキラ半端じゃなかった。
    >第一にディーピカーの映画と言えると思う。

     全くその通りであります! シックスパックなんぞ無用であります(笑)。赤と青のシャンティプリヤの対照、素晴らしい! どうもありがとうございました。

  2. ヤマちゃん、ディーピカーの素晴らしいデビュー作でしたね!南印では既にデビューしていたそうですが、ヒンディー映画は『オーム・シャンティ・オーム』がデビューになるそうです。今や、押しも押されもしないトップ女優。再びシャールクと共演した『チェンナイ・エクスプレス』が昨年大ヒットしていますので、もしかしたら日本でも配給ありかな?いっしょに手招きしましょうよ。

    うえの感想に書き抜かっておりましたが、爽やかなお色気もよかったですよねー。インド映画を見ていると色気にも色んな種類があるものだと思います。

    >赤と青のシャンティプリヤの対照、素晴らしい!

    ありがとうございます。シックスパックも勝てません(笑)。
    でも、もちろん無用であるはずがございません(断固)。
    (^_^)
    というわけで、リンクとコメント、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。