レーピン展図録

東京で10月8日までなので行けないと思い、図録を通販で手に入れた。やっほーい。素晴らしい図録だなぁ。
図録だけでもいいやとあきらめていたら、来年2月16日から3月30日まで姫路市立美術館に巡回してくる。や、ほ、ほーい。日帰りで行けるじゃーん。
「怖い絵2」だか「3」にあった「皇女ソフィヤ」も観れる~。
この美しい図録をながめていると(少し読んでみたら書いてあることも面白い)『おとなのけんか』でジョディ・フォスター扮する奥さんが、お気に入りの画集にケイト・ウィンスレット扮する奥さんのゲロピーをかけられて、きゃー!となった気持ちがよくわかる。

肖像画は、どこかで見たことある人だと思うものがいくつもあって、うえにマット・デイモンとダイアン・ウィーストをスキャンしてみた。他にもふっくらしたバネッサ・パラディ、老けたサム・シェパード、『アラビアのロレンス』でブライトン大佐役だったアンソニー・クエイルが精悍に描かれているものなど。他にも知り合いにいるわ~という感じで、なんだか不思議だ(笑)。

「怖い絵」の「イワン雷帝とその息子イワン」でレーピンを知って、「イワン雷帝~」以外の作品でも、ぜひ、レーピンの実物を観たいと思っていた。2009年に「忘れえぬロシア-リアリズムから印象主義へ」と題したレーピンの作品を含むトレチャコフ美術館所蔵の展覧会は指をくわえていたけれど(広島まで来ていたのにぃ)、今回は見逃さないぞ~。

★イリヤ・レーピン/Ilya Yefimovich Repin 1844.8.5(ユ暦7月24日)-1930.9.29 (ロシア、ペテルブルグ 86歳)2009
 ↑
カジポンさんのレーピン紹介と墓参り記録

「レーピン展図録」への3件のフィードバック

  1. レーピンって誰だっけ?でしたが、貼って下さったサイト見て、即「あ~アノヒトだ~~~(ぶるぶる)」。
    「知り合い」の顔は見たい(笑)・・・せっかく姫路まで来るんだし・・・でも・・・なあんて妙に迷うのは、私本当に怖いのかも(知らなかった~)。
    でも、絵(実物)見たら自分がどう思うか、興味が湧きますね。困ったなあ・・・

  2. 今日たまたま日曜美術館(NHK)で、レーピン展の紹介をしていて・・・俄然観たくなりました。とりあえず来年のカレンダーに書き込んで、あとは運を天に任せ?マス(笑)。
    それにしても、なんというか・・・凄い画家さんですね(怖いだけじゃないんだと。)。

  3. 今日、日曜美術館を見なかったので、どんな凄さに紹介されていたのかわかりませんが、凄いですよねぇ。
    観察力が凄いし、観察したまんまを表現できるのが凄いし。図録を見るかぎり重たい感じがしないのが好きです。静かで澄んでいるけど冷たくないのもいいなぁ。
    劇的な絵も本当に劇的で。
    にぎやかな宴の絵があるのですが、踊っている人が本当に動いているみたいに見えるんです。
    図録を先に買っててよかったなぁ。予習にもなるし、楽しみが倍増です。
    ムーマさんもご覧になれるといいですね(^_^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。